« ほんじゅらす戦 | トップページ | ご機嫌ななめ »

2005/09/11

有権者のぐち

行ってきました投票所。
投じてきました清き一票。
どこまで伸びるか投票率。
夜の特番どこを見る?
私は自室でゲームかな(笑)

と。いうことで行ってきました衆院選の投票所。
選挙日には有権者と呼ばれる人種となり、ハタチになってオリンピック1周分と1年の年月バレバレだ)が経っていますが2回目の投票です。
1回目は二十歳になって最初の選挙で親に強制的に連れられて(連行気味)に行ったものでした。

でも私はこれがそんなに悪いことだと思ってないんですよね。
若者の選挙離れだとか、政治への関心の薄れだとか言われてて、
それはそれでまったくもって
ごもっとも!
と当事者の私でさえ思うわけですが、
それ以前に、そんな若者たちを突き動かすような公約を
候補者の皆様方は言っていますか???
言っているといわれるならすいませんでした

この人に1票を投じたら何が変わるのか?
誰に投じたって同じだろう。どうせ大して何も変わりはしない。
だったら
無責任な1票なんてない方がいい

これが私の思考回路です。
意志のある有権者はこの人に日本の(この地域の)未来を託したい!!
という熱い意志をもって1票を投じているのに、
そんな中に
「この人でいーや」
なんていい加減な気持ちの1票があれば、それは同じ1票。
同じ力を持つ票になるわけですよ。

なので私は断固として言い切ります。

誰に投票していいか分からない選挙は投票しない!!

これが私のポリシーです。
あーあ。これが投票率の低下につながってるんだろーな(自覚有)

で、今回の選挙の話に戻りますが、
今回は小泉内閣の是非を問う選挙なわけですよ。
ぶっちゃけていうと私は小泉さん指示派です。
なんだかんだ言って彼は改革を進めているじゃないですか。
自衛隊派遣、靖国神社参拝、これも革新的なことだと思います。
(サマワの自衛隊については最近どうかという気もしてきましたが)
少なくとも郵政民営化を否定し、

「だったらお前は何がしたいんだっ!!」

という政党、政治家は山ほどいます。
野党だから否定は当然だと思いますが、
他人の打ち出した改革を否定して、じゃあその先に自分たちは何がしたいのかというのを明確にして欲しいですね。
民主党の岡田代表はその辺好感が持てます。

が、私的にはまだまだ小泉さんに頑張ってもらいたい。
政権交代してその政党が改革を断行するとは限らないですからね。
スポーツ界でも同じようなこと感じるけど、
『古臭い考えをもって、今を変えようとしないのが力ある年寄り連中』
だと思ってるんで。。。

開票までもう少し。
藍ちゃんは2打差で優勝を逃したし。不動さんはやっぱ強いね。(女子ゴルフ コニカミノルタ杯の結果です。話をすごい急転させてるけど)
ま、麻衣さんのニューアルバムを聴きながら、WE9をやって時間を過ごすとしますかね。

あー多趣味な私。
いそがしいそがし。。。(笑)


« ほんじゅらす戦 | トップページ | ご機嫌ななめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176771/7409695

この記事へのトラックバック一覧です: 有権者のぐち:

« ほんじゅらす戦 | トップページ | ご機嫌ななめ »