« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/25

増え続ける熱帯魚

熱帯魚を飼い始めてから早半年。(正確には7ヶ月
以前から話していた稚魚ですが、増えすぎて困ってます。。。(苦笑

4ヶ月前に、それまで使っていた35cm水槽に物足りなさを感じて購入した60cmの水槽。
今やこの水槽1つでは足りないまでになってます。

色んな種類の熱帯魚を入れているので、
子供なんてそうそう育たないだろう☆
と高をくくっていたのですが、
今繁殖している国産グッピーは母親の胎内から稚魚の形で出てくるために
他の魚に食べられることはまずないとのこと。。。

その結果として今水槽にいる稚魚の数はおよそ20...
最早多すぎて正確には数え切れません。動き回るし、水草に隠れてたりするし...


そこで、再び水槽パワーアップ計画を発動しようと考えてます。
今考えてるのは同じ横幅60cmのやつ。でも奥行きと高さがあるから体積的には多分1.5倍くらい。
今の水槽は奥の広がりを感じられないからね。

で、実行に移す場合に必要となるであろう予算を見繕ってみました。
ちなみに価格は、最寄のペットショップで見たもの。かなりざっくり。

水槽       13,900円
外部フィルター  8,000円
照明(2灯)    6,000円  ※スタンド込
CO2添加用キット 12,000円
ヒーター     4,000円


今の60cm水槽はそのまま残す予定なので、やはり痛い出費となりそう★
フィルターも上部から外部にものにしようと考えてるし。
CO2の添加も今のは2,000円くらいの簡単のだけど、レイアウトを損ねてるしな。
しかもレイアウト用の水草は一から購入予定なのでこれも万を下らないだろうし。

でも、できた水槽を眺める至福の一時の事を考えると
全然労力が惜しくないんだよな、これが♪


どちらにしても、実行に移すのは秋かな。。
夏を越すのは今回が初めてだし、夏の水温管理が非常に心配なもので。。。


P.S. そういや、熱帯魚コーナーがかなり拡大されてました。
   今またブームがきてるのかな...???

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

グリーンエピソード。

私が小学校4、5年生の頃の話です。家の近所に、田んぼに囲まれた空き地がありました。手入れもされず、当時の自分の身長よりも高い雑草が生い茂っていたのですが、ある時、仲の良かった友達と草を掻き分けて中に入っていきました。原っぱの中には、円形に少し開けたところが何箇所かあり、ある所には草より背の低い木が立っていたり、ある所には大きな石が置いてあったりしました。私たちは毎日学校の帰り道にそこに立ち寄っては秘密の入り口から原っぱの中に入り、円形の開けた所を結ぶように人ひとりが通れるような道を作っていました。いつしか秘密基地と呼ぶようになっていたそこで遊んでいたある日、友達が「うさぎがいた!」と言いました。急いでその円形の場所にふたりで向かった時にはもう姿はなく、結局私はうさぎを見ることはできませんでした。隠れ鬼ごっこをしたり、近くにあったドブに別の友人が落ちてみんなで助けたりと、思い出のある場所だったのですが、中学に上がり互いに部活をやるようになってからはもうそこで遊ぶことはなくなり、数年後、その空き地はコンクリートで固められ、現在は冠婚葬祭の式場になっています。

もう思い起こすことも少なくなってきましたが、今回「環境に関する思い出」と書かれた募集内容を見て、ふと少年時代を思い返し、当時の思い出を懐かしみながら綴りました。




...いきなりなんだ? と思われた方も多いでしょうね。(笑
事情を説明します。
実はこれ、私が応募した『グリーンエピソード』の投稿文書そのものです。


締切日当日になり、ある麻衣Bloggerさんのblogに載っていた写真を見て、
走馬灯のように思い起こした思い出の景色。
その当時を思い出して一気に書き綴って投稿した『グリーンエピソード』。
考えて書いたものじゃないから、10分くらいでサーッと書き上げました。
文章も一度読み直しただけで整理してないから、表現も拙い。。。


で。

今日仕事から帰ってきたら TOKYO FM からの封筒が届いていて、

「???」

の状態で開けた中身が下の写真のものでした。

グリ・エピ

















「ら、ラバーバンドだぁ♪♪ ○(^-^)oイエイ♪ o(^-^)○ イエイ♪」

まず、ラバーバンドが入っていたことに純粋に喜びました。(笑

次に添付されていた文書を読んで、なぜ注文していない自分にラバーバンドが届けられているのか理解しました。(笑
プレゼント当選です。


そして今、このblogを書いていて気づきました。

...あれ? 今年の運、もう使いきっちゃったかな...

...

......

.........

これから始まるツアーの席は、期待できないかもです...(笑



P.S.あ、コスモスの種も同梱されてました。
  植えてみましょうかね☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

サッカー熱。

世間で高まるサッカー熱。

TVをつければ日本代表決定のニュース。

開幕は6月9日だっけ?

4年に1度開かれるサッカー界最大のイベントW杯。



だけどなぜか自分の中でなかなか熱が上がらない。

サッカーは大好き。見るのもやるのも。

それこそ日本代表の試合があれば、仕事を一気に片付けて生放送で観戦するほど。

でも自分の中でW杯に対する熱が上がらない。

キリンカップも2戦とも結果をニュースで見ただけ。

理由はなんとなく分かる。

主力であるはずの海外組不在での代表戦。。。

W杯前の最終マッチがこれでいーの???

しかも最下位じゃん。。。



相変わらず決定機に弱いFW陣。
柳沢と巻、そこに高原を絡めて、いざとなったら大黒、てトコなのかな。

三都主のDFは期待0だし。
ちょっとスピードのあるアタッカー陣を黄色のカードなしで止めらんないでしょ、あれ。
どーせDFに期待しないんだったら松井が見たかった。個人的に。

中央のDF2枚は中澤と宮本。2人の内1人が怪我したら誰が入るの? 坪井?
マンツーマンのDF能力は認めるけどさ...
統率力を考えたら、やっぱり松田でしょ。
ジーコも頑固だよな。

でも、ジーコのやろうとしているサッカーは個人的に好き。
トルシエが目指していたのは戦術で縛られた勝つためのサッカー。
ジーコが目指していたのは自由なクリエイティブなサッカー。
黄金の中盤と呼ばれる今の代表世代にはぴったりのスタイルだと思う。
現に中村俊輔がチームの核として自由に動いて機能しているのはすごく嬉しい♪

最後に、個人的に見たかったのは田中達也...
怪我さえしなければ、代表戦に呼ばれて結果を出して、最終メンバーに...
なってたんじゃないかな~、という自分の願望。
彼に平山を加えた凸凹2トップは2010年W杯の最大の目玉だと自分では予想しているんだけどね。。。



なんか、ブラジルは2戦までを全力で勝ち点を取りに行って、
日本戦はサブで戦うみたいに言ってますけど...

ジーコをアシストしてんだか何だかしんねーけど、余計なお世話だ!
これははっきりムカついた。
本気のブラジル戦以外に興味はないね。
あーあ、オーストラリアかクロアチアのどっちかブラジルに勝ってくれないかね。
決勝トーナメント進出を賭けたブラジル戦!
これだよ! これっ!


なんか、ホントこのままだと、中村俊輔だけを見るW杯になりそーだ...(笑


...いや、でもなんだかんだ言っても日本代表は応援しますよ♪

コレほんと☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

あ。そーいえば...

あ、以前話した熱帯魚の稚魚ですが、気づいたら19匹に増えてました。

     ...3週間ほど前に。


あ、しかもランプアイの子供ではありませんでした。ブルーグラス(国産グッピー)の稚魚でした。その事に気づきました。

     ...2週間ほど前に。


あ、blogのデザインを変えました。

     ...10日ほど前に。


あ、稚魚ですが、多分13匹くらいに減ってます。60センチの水槽の中でも自然界の淘汰は発生しているようです。その事に気づきました。

     ...1週間ほど前に。


あ、そーいえば亀田兄弟は強かったですね。さすがに。何度も録画を再生して見てます。5月5日。

     ...4日前の話ですね。



あ、なんか気づいたら過去の話ばっかりですいません。(笑



...あ、この記事、下書きしたの2日前でした。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

あ、直しちゃった...

いつの間にか直ってましたね。 Mai.K Diary のタイトル☆

う~ん。。。
更にも1つ P.S をつけて

間違えちゃったぁ♪

的なコメントが付くことを、
(ほんの少し)期待していただけに(ホント少しだけ)残念♪(笑


ま。
でもそれは麻衣さんのキャラクターじゃないし。
気づかず、触れられず、直されもせずに、

そのまんま...  ∑(( ̄□ ̄;

になってるよりは良かったですけどね☆

まぁまぁ、直って良かった良かった♪


当時の♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

昨日のことですけどね。(笑


まずは天皇賞(春)。

周囲の期待を一身に負って走ったディープインパクト。

単勝1.1倍。

スタート直後は最後尾。

第3コーナーからグングンとスピードに乗り、第4コーナーに差し掛かったときには
先頭に。

早いんじゃないか――

それは杞憂に過ぎなかった。

ゴールまで後続馬を引き離しての圧勝劇。

天皇賞レコードを1秒縮めた。

飛んでいた――

馬上の武騎手は言う。

昨日のレースを見ていると、万全の状態で望んだディープに適う馬はいないと改めて感じた。



次に巨人VS中日 戦。

ヒーローは巨人の二岡選手。

3本のホームランで10打点。(セリーグタイ記録)

そして2打席連続の満塁ホームラン。(史上初)

3打席目でグランドスラムを決めた4打席目。再び満塁で回ってきた彼の打席。

正直、やるんじゃないかと思った。

そして彼はやってのけた。

久々にスポーツを見て興奮した。



うーん...このくらいの興奮を、6月開幕のW杯でも味わいたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »