« 名曲だよ...これ。 | トップページ | »

2006/06/25

日本のW杯...(非常に辛口) (笑

フム。遅くなったが日本のW杯は終わってしまいました。。。

1分2敗。
冷たいようだけど。

ま、こんなもんなんじゃないですかね。

始まる前の予想としては、
何とか予選グループを2勝1敗くらいで突破――
もしくは3敗。
なんて考えてたんで、落胆したのはオーストラリア戦での後半残り10分の悪夢だけでしたね。

もしあの1点を守りきれてたら……と考えると、恐らく予選グループは波に乗って突破してたんじゃないかと思う。ブラジルは圧倒的格上としても、オーストラリア・クロアチアとの間に力の差なんてないと思うし。多分10戦やってもほぼ互角の結果しか出ないよ

前にも書いたけど、ジーコのやろうとしているのは中盤の創造性から作り出されるクリエイティブなサッカー。
だから戦術でガチガチに縛られたトルシエ前監督とは対極に位置するような考え方の違いがあるわけで。それは中村俊輔を10番に位置づけたジーコと、メンバーからも外したトルシエによく現れている。

今回の結果が出たことで、ジーコ批判が生まれているようで、
トルシエの方が良かったなんて言う人もいるようだが、
正直監督批判はやめてもらいたいもんである。

ちなみに自分はトルシエとジーコを比較するならば、ジーコのやろうとしているサッカーの方が好きである。

よくジーコとトルシエの評価としてW杯の戦績を上げる人がいる。
ジーコは1分2敗で4位のグループリーグ敗退。
トルシエは2勝1分で1位の決勝トーナメント進出。
これだけで今の日本代表のレベルが落ちたみたいな評価もやめてもらいたい。
トルシエ時代は自国開催。それに対戦相手はベルギーにロシアにチュニジア。
当時も考えていたが、この条件で決勝に進めないようなら最低だな、と思っていた。
そして決勝トーナメント1回戦のトルコ戦。正直、がっかりの結果だった。最終的にトルコは韓国に勝利して3位だったわけだが、勝てない相手かと問われれば、そうではなかったはず...
とは言え、トルシエが嫌いと言うわけではない。俊輔をメンバーから外した瞬間に日本代表に興味が薄れたのは事実だけれども...



今回のW杯で浮き彫りになった日本の課題は非常に多い。

その1.まずはシュート数が圧倒的に少ない
  予選リーグを見ても、今回のW杯はミドルシュートでのゴール率が非常に高い。
  スペースがあったら迷わず打つ!
  スペースがあったらそこにパスを通すことを第一に考えているようじゃ話にならない。。。
  もしFWがポジションを取れていなければシュートチャンスすら棒に振ることになる。
  他のメンバーが打たないから、中田がシュート数稼ぎにしか見えないようなミドルを打つわけだ。
  あとはシュートを枠内に飛ばせよ。
  打った瞬間にフカしてるのが確定的なミドルはいい加減見飽きた。
  もっと抑えたシュート練習をしろ!
  代表の練習風景で見るあのDFのいない合わせてるだけのシュート練習、ホント意味あんのか!?

その2.個々のボールキープ力が低すぎる。(正直レベルが低い...)
  ボールを足元に受けた瞬間に相手に身体を寄せられてボールを相手に取られるシーンも見飽きた。
  体格差で負けてるのは分かりきった事実。
  中田のようなボディバランスか、
  俊輔のように足元のテクニックで相手の足をすり抜けて上手くキープできる選手が少ない。
  だからパスを受けても前を向けず、相手の陣地深くでマイナスのパスしか出ないんだよ。
  アルゼンチンはそんな背の高い選手はいないけど非常にボールを上手く回している。
  この違いはこのボールキープ力だと思うね。
  トラップしたボールを次のアクションに移せる場所に落とせるか。
  もしくはワンタッチで的確にさばけるか。 
  平山は身体の線が細いけど、受ける直前に自分の身体を相手にぶつけてから受けるからなかなか取られないし。


DFどころかGKもいないゴールから外したシュートを「芸術的」とドイツ紙に馬鹿にされるわ。
親善試合のドイツ戦がピークだった日本FW陣。
クロアチア戦で高原を見たのはピッチを去る姿だけだったぞ。
川口はスーパーセーブを連発して一人奮起していたようにも見えたが、オーストラリア戦の1点目。
あれは明らかな判断ミス。
GKは出たらせめて弾けよ。触れられないボールに飛び出すからゴール前にボールがこぼれるんだ。それにブラジル戦の1点目。あれは逆に飛び出して防げたはずだ。酷なようだけど、GKに求められるのはこの瞬時の判断力のはず。それ以外の反応力とかセンスは一流なんだからさ。

選手が悔しがっている場面として、ブラジル戦終了後の中田がピッチ上で泣いていた姿が取り上げられてるが、全員悔しいに決まってる。チーム内の温度差とか、戦う気持ちが――なんて書かれてるが、そんなもんは見えないから俺には分からん。そもそも当事者でしか分からんはずだ。
ただ言えるのは、ブラジル戦終了後の選手へのインタビューはやめろ!
全然選手の気持ちを考えてない。あんなのは監督と主将だけにやらせてればいいんだ。

「1点取った後逆転され、その後何度もチャンスを作ろうと頑張ってましたよね?」

――馬鹿か! 何が聞きたいんだ! 選手に気持ちを整理させる時間をやれ!
  それで終わった後には「すいませんでした...」
  インタビュアーが悪いわけではない。それをやらせるTV局側の問題だ。


突然だけど、田中達也と平山相太。
相手をかわしてシュートの打てる田中とゴール前で張れる平山、早くこの2人のツートップが見たいわけですよ。


話は戻り、トルシエのやろうとしているサッカーはあれが限界だったと思うし。
日本サッカーの今後の成長を願うならばジーコの目指すサッカーが正しいとは思う。
ただ、今の日本の選手個々の力のレベルには早すぎた...というのが正直な感想。

アジアレベル

今の日本はまだこう評されるレベルだと感じた。
結局予選リーグでアジア勢は全滅。次回W杯のアジア枠は縮小するだろうし、
次回のアジア予選からはオーストラリアが参加。
更に激戦となるアジア予選を突破できるかが懸念されるわけで...

既に内定しているオシム監督は日本代表をどう導いてくれるのか...
弱小だったジェフ(すいません...)を、今やJリーグ上位の優勝争いのチームにまで変革させた彼の手腕と戦術、代表選手の選定が今から楽しみですよ。



P.S. 次回W杯の舞台は南アフリカ。
   今回よりも気候は厳しくなるはずで、その中で90分間走れる体力を作るという面からも、
   オシムの考える「走りながら考える」サッカーはいいんではないでしょうかね☆
   正直次の世代は中盤がネックになりそうではある。FW陣にはいいのがいるんだけど。
   FWには田中に平山、カレン。MFは松井に阿部。DFは那須に闘莉王、栗原辺りが新戦力として出てくるんかね。


« 名曲だよ...これ。 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/176771/7683390

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のW杯...(非常に辛口) (笑:

« 名曲だよ...これ。 | トップページ | »