2005/11/27

座右の銘

  おもしろき
   こともなき世を
    おもしろく


知っておられる方はピンときたことでしょう。
幕末の維新志士の1人であり、
私が人生において最も尊敬する人物である
高杉晋作の辞世の句です。

当然、この人物のことは文献でしか知りません。
それでも私が彼を尊敬するきっかけとなったのは、
上の辞世の句に心打たれたからです。

熱い人物であったようです。
日本のために自らの考えを貫き通し、仲間と衝突することもしばしば。
長州藩の農民を集めて奇兵隊を組織し、幕府軍に勝利するなど。
そして、若くして結核で亡くなりました。
27歳8ヶ月。
若すぎます。


また、彼は風流な人物であったと言われています。

  三千世界の 烏(からす)を殺し~
  ぬしと朝寝が してみたい~

都都逸(どどいつ)と言います。
七七七五の形で自分の思いを詠んだもの。
これは高杉晋作が恋に落ちていた妾に対して詠んだものだそうな。
町人の格好をして三味線を弾きながら町を歩く。
こんな維新志士は恐らく彼だけだったでしょう。


辞世の句。本来は俳句の形で詠みます。五七五七七。
ですが、彼の句は五七五。
これも、人は『高杉晋作らしい』と言います。
晩年の高杉晋作を看病し続けた女性は、
彼の意志を汲み取りこう続けたと言われています。


  おもしろき
   こともなき世を
    おもしろく

  すみなすものは
   心なりけり


おもしろくない世をおもしろくするのは、あなたの心の持ち方次第――


いつの時代も、真に心を打つ言葉はシンプルであると思います。

...私この言葉、大好きです。

  おもしろき
   こともなき世を
    おもしろく――

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

歴史上の偉人 -坂本龍馬-

最近までスカパーで再放送されていた「3年B組金八先生」の
1シリーズ目の第1話を生まれて初めて見て、

「あ。ジョーダンズの三又だ」

と思いました。(笑
この頃の金八先生に似てたんですね。今までずっと『似てねえ』と思ってました



......いやいや、そんなことが話したかったわけじゃないです!
その第1話で金八先生は、坂本龍馬の命日が11月15日――
つまり今日であると話していました。
(旧暦での命日です。 慶応3年11月15日)

坂本龍馬と言えば、私も漫画「お~い!竜馬」の愛読者であり、
坂本龍馬は歴史上尊敬する2人の人物の内のひとりです。
もうひとりについては後日書きたいと思います。カテゴリも作ったし。

当時重罪であった脱藩を犯し、ただの一浪人でしかない彼が
幕臣である勝海舟に弟子入りしては神戸海軍塾の塾頭を任され、
貿易会社である亀山社中(後の海援隊)を組織し、
犬猿の仲であった薩摩と長州の間を取り持ち薩長同盟を結ばせ、
当時倒幕の意識の強い日本にあって、
「幕府を倒すのではなく、幕府から朝廷(天皇)に対し、自ら政権を譲渡させる」
という考えを抱き、またその実現に奔走して大政奉還を実現。
大体合ってるとは思うのですが...

大政奉還が成らずに倒幕が実現していたら、
国内の争いで弱体化した日本は外国の植民地になっていたかもしれません。。。
これも分かりませんが...


そんな歴史的大人物の命日ということで、
今日は坂本龍馬のことについて語りたくなってしまったのでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

dairy life | diva | novel | sports | study | tropical fish